カンブリア宮殿(2010年5月17日放送)まとめ①

ゲスト:㈱物語コーポレーション
    社長 小林 佳雄

■なにをしている会社?
焼肉、ラーメン、お好み焼きの店を全国で
178店舗展開。
売上116億円。4期連続増収増益。
社員400人

離職率
飲食・宿泊業 28% 全産業では15%
しかし、物語コーポレーションの離職率は
7%!(09年度)

■外食業界の現実

□ファミレスの衰退
昔のファミレスは記念の日に訪れるような
場所だった。(デートとか)
なぜどんどん閉店していくのか?
外食とは「ピープルビジネス」だ
マニュアルやシステムだけのチェーン展開
ではうまくいかない。
*店舗は人の力の塊である。

□学生に不人気の業界
会社案内(新入社員募集)
→実際の店舗を見学
交通費、宿泊費は会社負担。そこまでしないと
外食産業に人は来ない・・・。
飲食店には自分を犠牲にしてまで働かないと
いけないというイメージがある。

そんな中、物語コーポレーションの就職希望者数
(エントリー数)は増加傾向
なぜ?
会社説明会には全て社長自ら説明に立つ。
(全国どこでも)
なんと2時間半も熱く語る。
その内容は自分の体験談。会社のことは特に
話していない。

続きます

◇テレビ東京「カンブリア宮殿」
 毎週月曜22:00-22:54放送
 ナビゲーター:村上龍、小池栄子 
 ナレーター:高川裕也

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック