カンブリア宮殿(2010年5月9日放送)まとめ③

㈱エーワン精密のまとめ③です。
②をご覧になっていない方は
こちらからどうぞ

■社長の生い立ち
昔は裕福だったが父親が家庭をかえりみない
人だった。家庭の温かさを知らずに育った。
その後、事業に失敗して貧乏に。
中学さえ行かせてもらえず、12歳から丁稚奉公
で働いた。(12歳で働くのは当時でも違法・・・)
その時の親方が良い人で、そこで初めて家庭
の温かさを知り、同時にそれが仕事のやる気
に繋がることも知った
父親は反面教師

■会社は家、社員は親子
終身雇用、定年まで面倒を見る。
今まで1人もクビにしたことが無い
基本給は年功序列。毎年上がる
会社の利益の2割は社員へのボーナス
として還元している。
会社の利益=自分の利益と考えて、他人事
ではなく、自分の為に売上を上げようという
気持ちになる
→モチベーションが上がる

□「雇用する時はその人が定年まで居るもの
だと覚悟して雇う」

□「辞めろ!」だけは言わない理由
梅原さんは社員のミスを厳しく叱り、時には
「死んじまえ!」と言うが決して「辞めろ!」
とは言わない。
「死んじまえ!」の方がキツイ言葉に見える
が本気で言ってるワケでは無いことが明白
なのでまだ救いがある。
「辞めろ!」は本当に心にグサッと突き
刺さる言葉だから言わない。

更に続きます

◇テレビ東京「カンブリア宮殿」
 毎週月曜22:00-22:54放送
 ナビゲーター:村上龍、小池栄子 
 ナレーター:高川裕也

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック