ガイアの夜明け(2010年4月27日放送)まとめ②

前回の続きです。ご覧になっていない方は
こちらからどうぞ

■株式会社の病院経営は現在禁止されている
岸和田盈進会病院も渡邉社長の個人事業
として行っている。
渡邉社長は株式会社の病院経営を認める
べきだと主張する

「個人経営だから後継者の問題で病院が廃業
していく。高齢になると銀行からお金を借りる
ことも出来ない。
会社は継続していくことを目的としているので、
そんなことにはならない。」

□日本医師会は株式会社の参入に反対
している。
なぜ?
「会社が経営すると必ずコストが圧縮され、
それが医療の質の低下や安全性が損なわれる
という危険に繋がる。収入を増やそうとすると
必要の無い診療をする心配もある。」

■日本の医師は10000人に対して21人の
割合しか居ない。これは先進国の中でも少ない。

■ファズナ
医師や看護士の他病院への転職を仲介
仲介が成立すると、病院から年収の10%が
報酬として支払われる。
転職をする理由は色々有るが、給料の問題も
多い。
例えばある大学病院勤務の医師の場合、
週2回の当直をこなして年収が240万円
→大学の一般職員と同じ給与体系→不満

医師不足の病院「医師なら誰でも良い訳じゃない。
人手が足りない中で協力していかねばならない
ので、協調性や技術のある医師が欲しい」

医師「待遇だけでなく、自分がレベルアップ
出来る環境で無いと・・・」

*なかなかにマッチングは難しい。

更に続きます。

◇テレビ東京「ガイアの夜明け」
 毎週火曜22:00-22:54放送
 案内人 :江口洋介 
 ナレーター:蟹江敬三

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック