ガイアの夜明け(2010年4月13日放送)まとめ②

前回の続きです。ご覧になっていない方は
こちらからどうぞ

■コンビニの新しい取り組み
佐賀市のJAがローソンとフランチャイズ契約を
結び、野菜の直売所とローソンを合体させた。
→スーパーが閉店してしまい、地元住民が
不便になっていたから。

■ローソン
業界2位 売上1兆6000億円 グループ全体で16万人
社長 新浪剛史(43歳。異例の若さ)

*単に店舗数を拡大すると言う従来の成功モデル
から転換し、地域密着を打ち出した

□地域密着への取り組み
・ポイントカードを利用して売れ筋商品を分析
その地域独自の商品ラインナップを取り入れることで
売上アップ!(コンビニとしては異例のやり方)

・鳥取県 江府町 人口僅か3500人。
そのうち4割が65歳以上の高齢・過疎の町
ローソンが車で移動販売。
→交通の便が悪い山奥の集落へ
なかなか買い物に出られないお年寄りは
どうしても保存の利く食べ物を買わなければ
ならないが、移動販売車には冷蔵庫と冷凍庫
が完備されているため、好きな食べ物を買える
移動のコストがかかるので安売りは出来ないが、
それでも便利な為、売れる

◇テレビ東京「ガイアの夜明け」
 毎週火曜22:00-22:54放送
 案内人 :江口洋介 
 ナレーター:蟹江敬三

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック