総合防御力ってどういうこと?

最近、ウイルスバスターのCMを良く目にします。
その中で「総合防御力」という言葉を聞くのですが
それってどういうこと?と思っていました。

総合防御力とはウイルスをパソコンに侵入させない
能力のことなんです。
どういうことかと言いますと、アンチウイルスソフトの
能力はダウンロード(以下DL)時にウイルスを
ブロックする能力と、侵入したウイルスを検知し、
駆除する能力の2つから成り立っているのですが、
ウイルスバスターはDL時のブロックする能力が
数あるアンチウイルスソフトの中でも№1なのです。
実際、ウイルスバスターはDLの段階で91%をブロック
出来ます。

今や、ウイルスなどの92%がインターネット経由で
感染する時代です。なんと、2.5秒に1つ新型ウイルス
が出ているんです!
つまり、侵入してきたウイルスを退治するやり方では
新型ウイルスに対応できず、感染してしまう可能性が
高まっているのです。

総合防御力のテストでは、実際にwebサイトを見たり
迷惑メールを開いてみたりして、実際にどれだけ防御
できるかを測定しています。その上で、どのソフトが
一番有効なのかを判定しているのです。
これはユーザー目線の新しい基準であり、今までは
多くのウイルスを検知出来るソフト=優秀とされて
いましたが、総合防御力こそが実際にウイルスソフトに
必要な能力であることは今までの説明でご理解
頂けたかと思います。

現在、30日間無料体験キャンペーンを行っていますので
興味の有る方はぜひチェックしてみてください。
また、他のウイルスソフトを使用している方は
ウイルスバスターがなんで№1なんだ!と思われて
いるかもしれません。

トレンドマイクロの社員が様々な質問に答える企画も
行われているので、直接聞いてみてはいかがでしょうか?
ちなみに私も質問が。。

評価システム(レビュテーション)でEメール、web、
ファイルの危険性をチェックするのでPC自体の
負荷が少なく、パソコンがさくさく動くとのことですが
評価システムがパソコンの外部にあるというのが
今ひとつ理解出来ません。
実際、有害なサイトなどをチェックしているのであれば
やはり、常駐して常にチェックしている状態なのだから
パソコンの操作に影響を及ぼすように思うのですが。。

実際どうなんでしょうねー?
私も直接聞いてみることにしますw

ウイルスバスターを試したい、今すぐ購入したい方はこちらから!

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック